フェイスケアならこれがおすすめランキング

perfect

富士薬品が運営するオンラインショップのe-富士薬品では、フェイスケア用品も扱っています。おすすめのフェイスケア用品を紹介します。

1位「パーフェクトオールインワンジェル フリースト」

忙しい朝には時短にもなる、20種類mpエイジングケア成分を配合した、オールインワンジェルです。神奈川大学と、東洋新薬が共同開発した商品で、界面活性剤0パーセントの肌にやさしいところも特徴です。オールインワンジェルは、化粧水や乳液、美容液やクリームなど一つで何役もこなす多機能ジェルです。メーカーによってテクスチャーの違いはありますが、フリーストはベタつかずサラっとしたつけ心地なのに潤いが持続します。マスク効果で潤いがぐんぐん浸透し、ハーバルローズの香りに癒されます。

2位「フリーエイド エクストラUVジェル」

美白ケアには紫外線対策も欠かせません。フリーエイド エクストラUVジェルは、絶対焼かない人におすすめです。界面活性剤を使用していないのに、水や汗に強くUV効果が持続します。日焼け止めとしてはSPF50+、PA++++の最高数値という最高値ですが、肌に優しい処方だから敏感肌の人も安心して使えます。肌に負担をかける添加物は一切使用していない7つのフリー処方です。ジェルタイプはさらっとしているので、顔やボディにも使えます。肌を老化させる原因となる、ロングUVAもしっかりブロックしてくれます。

3位「フリーエイド エクストラUVミルク」

美容成分を配合しているから、日焼け止めとして以外に、エイジングケアもできます。小じわや乾燥への効能評価試験済みだから安心です。界面活性剤を使用しておらず、水や汗にも強いからUV効果が持続します。界面活性剤以外にもパラベン、鉱物油、着色料、香料、カルボマーを使用しない、6つのフリー処方です。SPF50+、PA++++という最高値ですが、肌に優しいから、負担をかけずに有害な紫外線をブロックできます。持続効果がありますが、汗をかいて拭き取った場合は、こまめに塗り直しをしてください。

これからどんどん気温が上昇し、暖かく、暑くなってくると気になるのが紫外線です。特に紫外線が増え始める春はどのようなケアをすればいいのでしょうか。

春の紫外線予防のポイント

夏ほどではない、とはいえ、春も紫外線はたくさん降り注いでいます。ですから日焼け止めやUVカット化粧品などはどんどん使っていきましょう。外出する前に紫外線予防をしますが、Tゾーン、目元、首元は特に紫外線が当たりやすいので忘れずに塗りましょう。
また地面に反射する紫外線もありますので、顎の下も忘れないようにしてください。日焼け止めなどにはSPF、PAがありますが、春先でも生活スタイルに合わせて数値を選ぶことがポイントです。通勤や通学、買い物程度しか外に出ないのであれば、SPF15~25程度で構いません。退勤、下校前などこまめに塗り直すようにしてください。春の紫外線予防は夏とそれほど変わりませんが、汗をかく機会が少ない分塗り直す頻度は少なくなるでしょう。

使い心地のいいジェルタイプの日焼け止め

日焼け止めがたくさんあって、何がいいのか分からないという方は、富士薬品のフリーエイド エクストラUVジェルを使ってみませんか。紫外線の中でもハリや弾力を奪うロングUVAをブロックしてくれるというUVカットジェルです。
また界面活性剤を使用していませんので、敏感肌の方でも使うことができるでしょう。ジェル状ですから使い心地はスーッとしており、肌に伸びやすくべたつきがほとんどありません。SPF50と数値は高めですが、長時間の外出やアウトドア、スポーツをする方などにはぴったりです。春とは言え、紫外線は強くなっていきますので、曇りの日などの対策も忘れずに行ってみてください。肌を絶対に焼きたくないという方にピッタリとされる富士薬品のフリーエイド エクストラUVジェルは、紫外線をカットすることで肌トラブルの予防にもつながるのです。

春から増えてくる紫外線への対策は毎日のケアが大切です。続けて紫外線対策を行うためにも、一度フリーエイド エクストラUVジェルをチェックしてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事