野菜不足が気になるならこれがおすすめランキング  

成人が1日あたりに必要とする野菜の量は約350gとされています。この量をクリアするのは野菜好きな人でも難しく、さらに毎日となるともっと難しくなります。どうしても野菜不足になりがちな時にオススメな商品があります。全て富士薬品のオンラインショップ「e-富士薬品」から簡単に購入できます。

1位「厳選 桑の葉」

契約農場にて無農薬栽培された桑の葉を独自製法で粉末化しているから、青臭さは一切なくほのかな甘みがあります。
他にも生命力が高い明日葉、カワラケツメイ、ヨモギをバランスよく配合しています。カルニチンと2種類の食物繊維をプラス配合しているから、野菜不足を手軽に補えます。つい食べ過ぎてしまう人、運動不足の人、外食が多い人におすすめです。

2位「大麦若葉青汁」

大麦若葉を使った青汁は、抹茶のように飲みやすいところが人気です。
富士薬品の大麦若葉青汁には、長命草、クマイザサ、野菜末、夕顔粉末、オリゴ糖といった、全国産の厳選素材を使用しています。素材を超微粉砕製法により、丸ごと粉末にしているから食物繊維や栄養素もそのまま摂取できます。
水やお湯でも美味しくいただけますが、牛乳や豆乳、ヨーグルトに混ぜても美味しくなります。

3位「厳選素材を発酵させた 乳酸菌植物醗酵エキス40」

食事に気を使っている人でも、バランスよく食べるのは難しいと言われています。
70種類以上の植物を発酵させて作った乳酸菌植物醗酵エキス40なら、健康に欠かせない成分が手軽に補えます。ポリフェノールの一種プロアントシアニンや、ブドウ糖種子エキス、フェカリス菌においては1日4粒で、40億個も摂取できます。
チョコレート味のタブレットだから、水なしでそのまま噛んで食べられるところがメリットです。おいしく食べて野菜不足を解消できます。
野菜不足を手軽に補うためにサプリメントや青汁はとても便利です。全てe-富士薬品から購入できますし、続けたい場合は定期購入やまとめ買いもできます。

現代人は野菜不足と言われていますが、1日に必要な野菜は350gと言われています。これだけの野菜を取るには確かに大変ですが、そもそもなぜ野菜が必要なのでしょうか。

野菜不足の体への影響とは?

野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。例えばビタミンCやビタミンEなどは野菜類に最も多く含まれているものです。どちらも抗酸化作用が高く、体の中で増えすぎた活性酸素を減らす働きを持っています。活性酸素は病気や老化の原因と言われていますが、肉や魚などには抗酸化成分は含まれていません。一部甲殻類などに含まれるアスタキサンチンはありますが、抗酸化成分の大半は野菜類が持っているのです。
ほかにもβカロテンは緑黄色野菜特有の栄養素ですし、便秘の予防改善に大切な食物繊維も野菜に多く含まれているのです。つまり、野菜不足は便秘を引き起こし、さらに病気や老化を進める原因となると考えられるということです。

体を活性化させる乳酸菌植物醗酵エキス40

野菜不足といっても、仕事が忙しく栄養バランスのとれた食事が取りづらい、野菜が嫌いで偏食気味、などという方もいるでしょう。そんな方にお勧めと言われているのが富士薬品の乳酸菌植物醗酵エキス40です。70種類以上の植物を使用し、しかもこれらを発酵させているため栄養素がぎゅっと詰まっています。さらにポリフェノール豊富なブドウ種子エキスにおよそ40億個のフェカリス菌を配合、腸の働きを調整して体のバランスを取ってくれると期待できます。
野菜から取ることができるビタミンやミネラルを始め、有機酸にポリフェノール、アミノ酸など、体のめぐりにかかわる栄養素を70種類以上の植物から抽出しています。製造工場も空気が澄んでいて綺麗な岡山県吉備高原にありますし、発酵期間は3年間と長いので、健康効果が期待できるのです。

普段なかなかとることが難しい大麦若葉やレイシ、オオバコなども使用し、健康をサポートしてくれる乳酸菌植物醗酵エキス40なら、野菜不足を補ってくれるでしょう。e富士薬品で購入することができますので、ぜひ検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事