株式会社富士薬品は配置薬だけじゃない!

株式会社富士薬品ときいてまず頭に思い浮かぶのはテレビコマーシャルの「ハイ、チーヤク(配置薬)!」でおなじみの配置薬ではないでしょうか?

しかし、実は株式会社富士薬品の取り扱う商品は実に多彩!!医薬品はもちろん、ビューティーコスメや健康食品、日用品や生活雑貨、食品などなど・・・便利なものや優れもの、いいものがいっぱい揃ってます!!

例えば、私が愛用しているリンゴ酢の「フジタイムRich」。お酢なのにお酢とは思えないほど口当たりがやわらかで優しいお味。いろいろと飲むお酢を試してきた私がやっとたどり着いた最高のリンゴ酢です。ちょっと疲れたかな?と感じるとき、冷たいお水で割った「フジタイムRich」ほど私に元気くれるものはありません!飲むだけではなく、ドレッシングや酢の物にも重宝しています。そんな「フジタイムRich」も実は富士薬品の製品です。(ちなみに私はいつも富士薬品のオンラインショップ「e-富士薬品」で購入しています。)

そこで、ここではこれら富士薬品が取り扱う優れものの商品をさまざまなテーマのもとランキング形式でご紹介していきたいと思っています。

株式会社富士薬品ってどんな会社なの?

ところで、そもそも株式会社富士薬品ってどんな会社なんでしょうか?

株式会社富士薬品は1930年、古くから「富山の置き薬」で有名な富山市で配置薬販売事業からスタートした会社です。1954年にさいたま市に本拠を移し、有限会社高柳薬品商会を設立しました。 1963年に有限会社富士薬品に商号変更。そして、1969年に株式会社に組織変更し、現在の株式会社富士薬品となりました。

その後、積極的に全国に販路を拡大し、現在では顧客数は350万軒、配置薬の分野では業界1位となっています。

また、富士薬品は自社工場でプライベートブランドの一般用医薬品を中心とした製品生産にも力を入れています。

フジちゃんのCMでおなじみの風邪薬の「ジキナ」や「新富士胃腸薬」などは皆さんもよくご存知なのではないでしょうか?。

これらの製品は配置薬・セイムス等ドラッグストア―、e-富士薬品などのオンラインショップで販売されています。さらに富士薬品では1991年より医療用医薬品の研究開発や製造販売にも取り組んでいます。高尿酸血症治療薬「トピロリック錠」の新薬開発に成功、2013年9月より製造販売が開始されています。

このほかにも富士薬品では、1997年からドラッグストア店舗の拡大にも取り組んでいます。みなさんもよくご存知の「セイムス」は富士薬品のお店なのです。現在、富士薬品ドラッグストアグループは日本全国になんと758店舗もあるそうです。

このように、株式会社富士薬品は医薬品の製造から販売までを担う「複合型医薬品企業」を目指し事業展開をしている会社なのです。

日本一の薬のプロをめざす!?株式会社富士薬品

株式会社富士薬品は「日本一の薬のプロ」をめざすことをうたっています。

果たして「日本一の薬のプロ」とはどのようなものなのでしょうか?

常に信頼できる薬を販売することを追求している富士薬品はそれを実現するためには、自社で医薬品の研究開発や、製造から販売を一貫して行える体制を作るのが、最も良いことであると考えています。一般の町にある薬屋さんでは色々な薬を仕入れて販売するだけですが、富士薬品は自分達で薬を開発し、自分たちの工場で薬を製造しているのです。

全てを自社で行うのですから、確かな品質の薬を、適正な価格で自信をもって製品を販売することができるのです。また、より高い品質の医薬品を、安定して供給できるというメリットもあります。

但し、自社で医薬品の研究開発や、製造を行うということは、自社の工場や研究施設をもたなければならないということも意味します。つまり、莫大なコストや大きな努力が必要とされるのです。それでもあえて自社での医薬品の研究開発や、製造から販売を一貫して行える体制を作る株式会社富士薬品は「日本一の薬のプロ」と言えるのかもしれません。

いえいえ、「日本一の薬のプロ」を目指しているのは株式会社富士薬品という会社のシステムだけではありません。

富士薬品で働く社員一人一人も本物の「日本一の薬のプロ」となるべく日々努力を重ねています。富士薬品では社員に対する教育や研修にも力を入れているのです。

例えば、90以上におよぶ調剤を行っている薬局の薬剤師に対しても特別な教育研修制度が整えられています。そこでは「病態」についての研修や「薬歴」についての研修、薬局やドラッグストアが遵守すべき「法規」についての研修、さらには一般用医薬品の効用、それが適応される症状についての知識を身につけると同時に、お客さんの生活指導も含めて説明するうえでのコミュニケーションの取り方、販売を行うための接客マナーについても学ぶためのOTC研修等具体的かつ実践的な研修が行われています。また、研究開発本部との交流によって、薬剤師が成長する環境もますます整っているといいます。

複合型医薬品企業として業界をリードする株式会社富士薬品はまさに「日本一の薬のプロ」と言えるのではないでしょうか。

  • 富士薬品の配置薬ってどんなシステムなんですか?

    配置薬は安心で、無駄のないシステムです。
    救急箱を都道府県知事の許可を受けている営業マンが家庭まで直接届けてくれます。配置時の負担はありません。前金・保証金等も必要ありません。

    支払いは「後払い方式」で、営業マン訪問時に使った分だけを支払います。

    また、営業マンの訪問時に期限を確認して商品交換や、不足商品の追加等も行ってくれます

  • 富士薬品の配置薬の救急箱は有料ですか?

    配置薬を入れる救急箱の代金必要ありません。また、破損したり、汚れた場合には随時交換してもらえます。

  • 富士薬品の配置薬の救急箱はサイズを選べますか?

    通常サイズの薬箱は幅:27cm、奥行き:23.5cm、高さ:17.5cmとなりますが、その他にも多数のサイズが揃えられているので、担当の営業マンに希望のサイズを相談することができます。

  • 配置薬の期限が切れた場合はどうなりますか?

    怪我や病気も無く、使われない薬は営業マンが訪問時に、期限が切れる前に新しい薬と交換してくれます。ですから、使用せずに薬が古くなってしまっても安心です。

  • 薬以外のもので届けてもらえるものはありますか?

    薬以外に健康食品も充実しています。豊富な知識と経験を身につけた営業マンに相談し、それぞれの健康状態に合わせて、必要なものを選ぶこともできます。

  • 営業マンはどれくらいのペースで訪問してくれますか?

    訪問する家庭や企業の都合に合わせて2~3ヶ月に1回訪問してくれます。

  • 訪問してくれる営業マンはどんな人なのですか?

    富士薬品の営業マンは全員、都道府県知事の許可を受け、身分証明書を持って訪問を行います。
    豊富な経験や知識を身に着けた人ばかりですから、薬や健康のことなどの相談にのってもらうこともできます。

  • 急に薬がなくなったり、追加注文をしたい場合は対応してもらえますか?

    急な品切れ、追加注文は、電話をすれば随時対応してもらえます。

  • 使用した薬は医療費控除の対象になりますか?

    治療または療養に必要な医薬品であれば医療費控除の対象になります。
    医療費控除は基本的には病院でかかった費用、医薬品などを購入するのにかかった費用が対象です。また、治療または療養に必要な医薬品であれば、怪我のために購入した絆創膏、包帯なども対象になります。ただし、医薬品であってもたとえば、富士薬品のセイムビタンシリーズやフジミンシリーズのビタミン剤、カークシリーズ、リッチミンシリーズなどのドリンク剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金、健康食品等は対象外となります。

  • 配置薬の中にはセルフメディケーション税制の対象品目となるものはありますか?

    精算書や薬箱の中にある置高表を見ると、セルフメディケーション対象品目にはは商品名の左側に★マークが記載されているのですぐわかります。

おすすめ記事

  1. 美味しい健康食品ランキング
    健康食品は自分のために取り入れる物ですが、せっかくな…
  2. とにかく続けやすい健康食品ランキング
    健康食品は品質なども重要ですが、毎日続ける事が大切で…
  3. 富士薬品ドラッグストアグループセイムスで買えるお気に入り商品ランキング
    富士薬品はセイムスというドラッグストアを運営していま…
  4. 風邪予防にはこれがおすすめランキング
    風邪やインフルエンザが流行る冬は、予防が大切です。…
  5. 成分がおすすめランキング
    富士薬品では成分に特徴を持つ健康食品や栄養機能食品を多数…

ピックアップ記事

  1. 美味しい健康食品ランキング

  2. とにかく続けやすい健康食品ランキング

  3. 富士薬品ドラッグストアグループセイムスで買えるお気に入り商品ランキング